So-net無料ブログ作成
検索選択

▲横綱対決、白鵬意地で勝つ。 [スポーツ]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100124-00000565-yom-spo




大相撲初場所千秋楽(24日・両国国技館)――前日、25度目の優勝を決めた朝青龍は、白鵬との横綱対決で寄り倒され、13勝2敗に終わった。

 白鵬は朝青龍との本割7連勝で12勝3敗。琴欧洲は日馬富士を下し、魁皇とともに9勝6敗。日馬富士の2けた白星は4場所ぶり。

 三賞は、白鵬と3大関を倒して12勝を挙げた関脇把瑠都が、初の殊勲賞を獲得。殊勲賞受賞者は7場所ぶり。敢闘賞は豊響、技能賞は安美錦。十両はグルジア出身の臥牙丸(ががまる)が優勝した。



横綱対決は、白鵬が意地を見せて勝った。しかし、優勝したのは、
朝青龍。30歳手前で、まだ動きはよいのだろう。この強さは、どこ

まで続くのだろうか?最近では、上位は外国人の力士が多い。
日本人の力士では、千代大海が最近、引退した。日本人力士で、

有力力士がいない。日本の国技が次第に外国人力士中心に回っ
ているように思える。それにしても朝青龍は、品格の問題など、

様々、取りざたされているが、強さは衰えない。スポーツ選手とし
ては、ぎりぎりの年齢ではあるが、まだいけるようではある。今後

も期待したいところだね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。