So-net無料ブログ作成
検索選択

▲<野村克也氏>楽天の名誉監督就任へ。 [スポーツ]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091025-00000018-mai-base




今季限りで退任する楽天・野村克也監督(74)は25日、球団から要請されている名誉監督就任を受諾する意向を示した。近日中に楽天本社(東京都)で予定されるオーナー報告の場で、三木谷浩史球団会長、島田亨オーナー兼球団社長に正式に回答する見込み。

 野村監督は、札幌ドームでのクライマックスシリーズ第2ステージ敗退から一夜明けた25日午後、新千歳空港で取材に応じ、「断る理由はない。評論家も解説も何をやってもいいと言われているから」と述べた。

 監督契約の延長が成らなかったことに対する感情のもつれから、一時は名誉監督就任にも否定的だったが、22日に三木谷会長じきじきに3年契約での要請を受け、態度を転化させた。

 一方、やはり球団から提案された背番号「19」を永久欠番とすることについては、「大した番号じゃない」とこだわりを見せなかった。



野村克也監督が今季で、監督の契約が終了する。今後は、名誉監督となる。果たし
て、この先どうなるのか?果たして、名誉監督とは一体なんなのか?巨人の長島監

督は終身名誉監督となっているが、この役職はあまりよくわからん。裏でアドバイス
ができるというものなのか?特にメインで監督をするわけではないとは思うが、名誉

監督ということで、それなりに給料はもらえるのかな?なんともいえない役職ではあ
る。今季で契約が満了し、結果的には、シリーズは2位で終わり、クライマックスシリ

ズは敗退した。悪くはない結果ではあるが、年齢が理由で契約の延長はなくなった。
野村監督は、契約延長を希望したが、楽天側は、名誉監督という形で、誠意ある対

応を取ったとは思う。しかし、74歳という年齢で、働いているというのはすごいとは思
う。尊敬に値する。死ぬまで、働き続けるという感じではある。名誉監督という役職は

一体どうなるのだろうか?



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。