So-net無料ブログ作成
検索選択

▲21才が歩む第2の野球人生、元阪神辻本、再出発。 [スポーツ]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000020-jij-spo




 

かつて「驚異の15歳」と将来を嘱望された少年が海を渡り、たくましく成長した。プロ野球阪神の辻本賢人投手(21)。昨オフに阪神を自由契約となり、今年5月から米独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグの「ナ・コア・イカイカ・マウイ」でプレー。入れ替わりの激しいリーグで、中継ぎ投手としてシーズンを乗り切った。
 中学生で単身渡米した辻本は、米カリフォルニア州の高校を休学して帰国していた2004年のドラフト会議で阪神から8巡目指名を受け、史上最年少でプロ入り。
 「野球のことも、社会人としても何も分からずにやっていた」と振り返る5年間は、けがにも泣かされ、一軍での登板はなかった。「投球フォームがバラバラで、球速が10キロくらい遅くなり、何もかもがきつかった」。
 再スタートを切った米国では、野球の楽しさを思い出したように明るい表情が目立つ。横手投げにフォームを変えたことで、球速も140キロ台後半を計測。シーズン後半には勝ち試合のリリーフを任されるようにもなった。「頼りにされたらうれしいし、けがなく過ごせたのは自信になった」と成長を実感する。
 プレーオフ終了後はウインターリーグで武者修行。その後はトライアウトを受けて野球ができる場を探し求める。「日本も含め、もっと高いレベルでやりたい」。10時間のバス移動など、過酷な環境に身を置きながらも足元を見据え、第2のチャンスを生かそうと、がむしゃらに闘っている。

 

21歳が歩む第2の野球人生。若くして、ドラフトにかかったが、
プロでの結果は出ていない。ドラフトにかかったからといって、

プロで成功するのは難しい。プロというのはすぐに結果が欲
しい部分がある。短期間で成果を出すには、ハードなトレー

ニングが必要になってくる。そうなると怪我は出てくるものであ
るとは思う。怪我などで、この辻本は、阪神を自由契約となった

。果たして、これからどうなるのだろうか?まだ若いのでチャン
スはあるとは思うが、やはり成功するのは、チャンスをものに

して行かなければならない。今後は、トライアウトを受けて、プロ
での成功を伺う。まだまだ先は長い。



タグ:辻本
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。