So-net無料ブログ作成
検索選択

▲燃え尽きた120分、本田「勝ちたかった。」ロッカーで大泣き。 [スポーツ]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100630-00000005-ykf-spo




【プレトリア(南アフリカ)29日=久保武司】日はまた昇る-。サッカーW杯南アフリカ大会第19日、決勝トーナメント1回戦で日本はパラグアイと息詰まる攻防を展開。延長戦も双方無得点のまま120分の死闘を終えたが、今大会初のPK戦の末、3-5で惜敗した。日本サッカー史上初の8強入りを逃した岡田武史監督(53)は辞意を表明。国民の期待を上回る躍進を支えた救世主、MF本田圭佑(24)=CSKAモスクワ=は試合後に号泣したが、悔し涙は2014年ブラジル大会への虹の架け橋となる。


 試合後、ピッチ上でうずくまる選手がいる中、本田だけは立ちすくんだままだった。「僕は優勝を目指してもいいと思う」。そう公言して自らを奮い立たせてきたが、あとわずかのところで道を閉ざされた。

 「おれの中では準決勝に行こうが、予選で敗退しようが同じなんです。だから勝ちたかった」

 大会直前からワントップで起用され、前線で奮闘した。前半40分に松井の横パスを受けて左足でシュートしたが惜しくもゴール左に外れた。

 「とにかく点を取れ」「FWの位置で起点になれ」と岡田監督の指示のもと、ただ1人、最後までスタミナを切らさずに走り回った。主役は明らかに本田だった。

 思い切り蹴れば、どこへいくかわからないという公式球の特性を誰よりも理解していた。PK戦で外してしまった駒野はまさにこの“公式球の呪い”にかかってしまった格好だったが、その後に蹴った本田は、あえて力を込めずに落ち着いて決めた。

 岡田ジャパンのW杯が終わった瞬間、チームメートをなぐさめることよりも、日本から応援に駆けつけたサポーターへあいさつした。実はオランダ戦で敗れた後、あいさつもせずにロッカーへ戻り、日本サッカー協会幹部から「何をしているんだ。戻れ」と説教を受けた。ピッチの4隅を周り、丁寧に一礼を終えると、最後は逃げるようにロッカーへ戻って大泣きした。

 落ち着きを取り戻しても、いつもの本田節はなく、「若い選手がもっともっと海外に出なきゃダメでしょう」と課題を口にした。日本という「殻」にはめられることを嫌い、世界で成り上がりたいという本田らしい。「負けたからには何も言えない」と多くを語ろうとはしなかった。

 1次リーグ初戦のカメルーン戦で決勝ゴール、第3戦のデンマーク戦では“悪魔の左足”でFKを直接決めるなど1ゴール1アシスト。金髪とともにその存在感を強くアピールした24歳。W杯は終わったが「サッカー人生はまだ続く」。最後は力強く言い放った。

 本田が今後も日本代表の柱になる選手であることは間違いない。今大会で「世界のHONDA」としてブレークしたことで、8月に始まる欧州サッカーでは一躍「日本の本田」が注目を浴びるはずだ。



日本は、後少しのところで、勝ちから見放された。これも勝敗。
ほんの少し、パラグアイが上回ってたのだろう。本当に感動的

な試合だった。日本中が心震えた瞬間だった。本田はまだ若
い。まだ4年後がある。今回、日本選手で一番注目された選手

だろう。これから欧州での活躍が期待される。技術面で若干
差があった様に感じる。最後にパラグアイの選手が駒野に駆け

寄って何か話かけているのも感動的であった。後、少しでべス
ト8が見えたが、まだその実力は日本に備わっていなかったの

だろう。このワールドカップの結果は、選手たちは、自信を持っ
てもらいたいものだ。4年後を日本代表を期待したい。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。